プログ特区

2011年03月21日

Keith Emerson/"The Land Of Rising Sun" 「日出ずる国へ」

3月11日、2011年東北地方太平洋沖地震。

国内外のアーティストが応援・支援の声を上げていますが、キーボーディスト・コンポーザーであるKeith Emersonの曲とメッセージが公開された。



"The Land Of Rising Sun" 「日出ずる国へ」
と題された3分弱のピアノ曲。

3月11日その日にニュースを見て作曲・録音したもののようで、彼の受けた衝撃と追悼の意がみて取れる。またあの日、混乱の中で過ごした日本は世界に見守られていたことを改めて知る事が出来た。

動画として編集されたものは被災写真が散りばめられ、その中の瓦礫に埋もれるアップライト・ピアノがあり、とても印象的だ。

キースは視聴した方へ向け寄付を呼び掛けている。
posted by へいずん at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Topic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

題名のない音楽会「クラシックmeetsロック〜新作!プログレ交響組曲」

日曜朝にプログレ!?



テレビ朝日の長寿番組、『題名のない音楽会』でプログレが取り上げられるという。

朝のアニメ・特撮枠とつながってるため、子供時代から妙に馴染み深い番組でもあるね。


この番組、プログレ関係が取り上げられたのは初めてじゃない。

昔、「20世紀の名曲・番外編」でキング・クリムゾン「21世紀の精神異常者」(当時)が取り上げられた事が。

和楽器使った編成だとか、放送後に友達に教えてもらったんで見れてないけど。

続きを読む
posted by へいずん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Prog ON AIR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

『Panty & Stocking with Garterbelt』プログレネタ

GAINAX原作・制作のアニメ、

Panty & Stocking with Garterbelt

GAINAXのよく動く演出と、パロディ気質が発揮された作。

#22「HELP!2人はエンジェル」

10回放送Bパートの音楽関係のパロ、キャラデザの錦織氏がシナリオ・コンテ・演出を勤めている異色回。

MTVのビデオ・クリップな構成で挿入歌を通しで流すもの、セリフは無し。絵的には新旧のアーティストネタを挟む。


続きを読む
posted by へいずん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニゲー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

『会長はメイド様』最終回のプログレネタ

ひさしぶりのアニメネタでも。



会長はメイド様

原作は少女漫画誌『LaLa』連載。

2クール26話で先週の放送で最終回を迎えた。

26話も焦らしたのち、最後の最後で会長がデレて落ちる最強のニヤニヤ回。

春・夏アニメの中では安定していた作品かと。



内容の話をしても、プロ…グレ…?といった感じだけど。

続きを読む
posted by へいずん at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | アニゲー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

Dream Theaterのマイク・ポートノイが脱退

ついに均衡が破られる時が来たのか!


DREAM THEATERよりドラマーMike Portnoyが脱退を表明(CDJournal.com)
http://www.cdjournal.com/main/news/dream-theater/33808



Majestyの一角が去るこの驚きと、時が来たことを理解させられるニュース。しかも実質ブレインとされるマイク・ポートノイの脱退とあって、最近の人事の話題の中では衝撃を持って迎えられているようだ。

他所でのプレイに興味が移ったような理由づけだが、いろんなプロジェクトorバンドで叩いてるのにね。今さら感はあるけど、さらに活動の裾野を広げる宣言ということか。

一部では彼のメンタル的な要因も挙げられているが、これも否定は出来ないでしょう。

この知らせの後、最新10作目を取り出してみたが、確かにマイキーは色々やり切ったように見える。自らはじめた連作を完結させ、ドリシアの父といえる実の父の追悼も終えた。新作発表の'09夏以降もバンドでのツアーをまわり、サマーソニック'10での来日が彼の、DTのメンバーとしての最後のステージとなった。以上の経緯から、脱退のタイミングとしては義を通した形とも取れ、いかにもマイキーらしいと思う。

Avenged Sevenfoldに正式加入らしいマイキー、今後のTransatlanticなどのプロジェクトでの活躍も期待したいところ。


さて残された(という表現が正しいか)バンドのメンバー達。ペトルーシがバンドのイニシアチブを取ると思われるが、この際大きな音楽的転換を迎えてもいいんじゃないか。(マイキーもそこら辺にも考えが及んでいただろうが)双頭体制が長かったこともあり、何らか変化を求める声もあっただろうから。

これから注目がドラマーの後任人事ですが、どうだろう。普段ゲスト・プレーヤー使わないからな。現メンバーから思い出すドラムだと、ロッド・モーゲンシュタインとか。ジョーダンとのコンビ時代はバンドの前座やってたはず!

ジャズ志向の人が入っても面白いかもしれない。


今回は哀しいお知らせではあるものの、ただバッド・ニュースなだけでは無いはずだ。続くDream Theaterに待望しよう。
posted by へいずん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Topic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。