2010年12月20日

『Panty & Stocking with Garterbelt』プログレネタ

GAINAX原作・制作のアニメ、

Panty & Stocking with Garterbelt

GAINAXのよく動く演出と、パロディ気質が発揮された作。

#22「HELP!2人はエンジェル」

10回放送Bパートの音楽関係のパロ、キャラデザの錦織氏がシナリオ・コンテ・演出を勤めている異色回。

MTVのビデオ・クリップな構成で挿入歌を通しで流すもの、セリフは無し。絵的には新旧のアーティストネタを挟む。


続きを読む
posted by へいずん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニゲー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

『会長はメイド様』最終回のプログレネタ

ひさしぶりのアニメネタでも。



会長はメイド様

原作は少女漫画誌『LaLa』連載。

2クール26話で先週の放送で最終回を迎えた。

26話も焦らしたのち、最後の最後で会長がデレて落ちる最強のニヤニヤ回。

春・夏アニメの中では安定していた作品かと。



内容の話をしても、プロ…グレ…?といった感じだけど。

続きを読む
posted by へいずん at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | アニゲー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

今日は一日“帰ってきたアニソン”三昧

GWの最終日、NHK-FMでアニソン三昧やってる。


今日は一日“帰ってきたアニソン”三昧


今回はゲストで畑亜貴嬢も呼ばれるらしい。特集コーナー付で。

大丈夫か!?



で13時台に登場。

紹介で緒方恵美の兄貴が自然に「プログレ」発言してちょっとびっくり。

本人は期待通りの振る舞い。コーナーを終えて、嵐のような人だったと。



いつかプログレ三昧やってほしいよね。長曲無理くさいけど!
タグ:アニソン
posted by へいずん at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アニゲー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

イタロを流すアニメ(仮)

サンライズの新作がヤバい。


宇宙(そら)をかける少女


何がって音楽が、妙にプログレしてるのだ。

以下、例によってアニメの内容についての話など無いよ。



オルガンがエマーソンっぽい音を出したり、初回放送で狙ってるのは十分感じられた。音楽担当の菊谷氏はブログで「プログレ、ジャズ、アバンギャルド」と発言しているね。

感じは桜庭統のゲーム楽曲と同傾向のプログレ度かなー

通常のバンド作品と比べるとあくまでBGMとしての仕上がり。

クレジットは、
須藤賢一
菊谷知樹
Team SORAKAKE'70 with JAM Project



'70ですか、
JAM Projectはコーラスで参加とか。

うーん、これは次回以降もある意味で気になる…




すると2話目でやってくたよ、

終盤で流れたのは、


PFMの「マウンテン」(原曲:幻の島)


のパク・・・オマージュなんだろうか?

オープニングのコーラス後に来るヘヴィなイントロ、まんまのアレンジ短縮版といった感じ。

オリジナルサウンドトラックにどう収録されるのか見もの。

これはそのうち「原始への回帰」オマージュやったりすんのかな。テッテレテーって。


ちなみにこのアニメ、OPはALI PROJECT、EDは畑亜貴作詞。随分と手札を揃えてるな。
posted by へいずん at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アニゲー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

DS-10、KORGのDNA

KORGのカタログに新しいラインナップが!?
しかもあの名機MS-10の後継機?

今月に入ってすでに各所で取り上げられてて、話題に出すの遅すぎですが。

KORG DS-10(Amazon.co.jp限定販売)
KORG DS-10


Nintendo DS専用のソフトシンセだという。

タッチペン操作で直感的コントロール、シンセの現行機はディスプレイがタッチ式だし、インターフェースとしては適当か。コントローラーが付随してくる時点でソフトシンセとは言えないのかな。2オシレーターならMS-20の方じゃない?なんてのもこの際愚問か。

音楽制作ツールとしての限界はあるけど、実際作ろうとする気概が感じられていいね。どんな音が出せるか、この一点が最大の関心事。

Amazon限定販売なのか!

と気付いたら予約してたよ…恐るべしKORGブランドの魔力…
シンセの新製品は店頭で触るぐらいしか出来ないけど、これはいつもソフト買う感覚だし。

デモやはめ込みを見て考えた。このソフトに似合うDS Liteの本体色ってなんだろなー
やっぱMS-10/20に近づけるなら黒しかないか。ネイビーあたり青系ということで、アナログ・モデリング・シンセのMS-2000っぽいと思えなくも無い。趣旨を外れるけどクリムゾン/ブラックは、KORG的にはKARMAを思い出さずにいられない配色。



KORGのHPには現在この製品に関する情報は無い。あくまで共同開発で監修という事なのかね。

ちなみにHP、最近の更新でジョーダン・ルーデスの教則動画をup。
メトロノームを使ったトレーニングなのだが、キーボードマガジンの連載でも使用を推奨していただけあって、この講義への参加も納得。同テーマのその他講師にはジョン・ペトルーシも入っていて、五人中二人がドリシアという需要の高さ。

そのほかプログレ向けコンテンツとしては、トニー・バンクスのインタビュー頁からGenesisの再結成ライヴを少し見れたりする。はずだったんだけど、最近の更新でリンクが消えてしまってる!見たい場合、URLはSoundBytes/の後にTonyBanks/でおk。

また開発にはプロキオンスタジオが参加してる(!!)やばい、個人的にはここで期待値がかなり上昇。

代表でゲームのコンポーザーである光田康典氏は、昔から好きな音楽作家でして。タイムリーなことに、最近光田氏が音楽を担当したDSの『ソーマブリンガー』をやってたりする。
posted by へいずん at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アニゲー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

Animated Asturias

狼と香辛料』のOP曲におけるZABADAKの楽曲提供が嬉しかったので気付くのが遅くなったプログレ関係ネタをもう一つ。



同じくUHF局系『破天荒遊戯』のOP曲、「Heartbreaking Romance」。シリアスな雰囲気だが暗すぎない、個人的に耳を惹く曲。

そして作曲/編曲が大山曜となっている。

日本のマイク・オールドフィールドと評されるAsturiasの中の人じゃないですか!!

Heartbreaking RomanceHeartbreaking Romance/いとうかなこ


参加している主にゲーム音楽を手掛けるZIZZ STUDIOの楽曲提供が答えの模様。大山氏自身もファミコン、PC-98時代のゲーム音楽に関わっていたようで、今回のも本業の一部みたいですね。

シンセのデジタルサウンドが主、打ち込みで固められたシンプルなアレンジでかなり音数は抑えられている。音がボーカルのメロディラインを追いすぎないのがイイ。同じくZIZZに参加する歌い手のいとうかなこの歌唱がやはりいい、前クールのマイユアED曲も相当よかった。

ZIZZ STUDIOのコラボレートアーティストを見ると、フェイバリットのプログレ度が高いんだが。パソゲーに触れない自分は全くノーマークなプロダクションだったよ・・・

曲の話に戻ると、公式のインタビューでいとうさんは「転調いっぱいで難解な曲」とも応えている。んー確かに。プログレ好きを前に出してる大山氏(Asturiasのブログはプログレ名盤紹介がメインコンテンツ)だけあって、曲調はモロでなくても同好を寄せるものがあるみたいだ。

一方のED曲もクレジットを辿ると豪華で且つ良曲だったりする。でもアニメ自体は1クールものだが全10話と何故か普通より短い。最終話ではOPのカップリング曲が挿入曲として使われるらしい。


うちのプログレというキーワードからすると、今クールで挙げられそうなのは他にもオーケンALI PROJECT畑亜貴作詞がありますがー、アニソン常連だし割愛です…
posted by へいずん at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | アニゲー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

続・ザバとアニソン

先日書いたsingle、清浦夏実「旅の途中」が昨日発売じゃ。

旅の途中
旅の途中



Full Ver.がお目見え!テレビサイズでも十分サビを楽しめてたけど、あの吉良さんのこと、期待せざるを得ない!

Fullのイントロはいつも通り、吉良節全開。
そして…



やられた、2番のBメロ後、やばいです。



引いてのスネアロール、サビにスイッチするまでのドラマチックさは鳥肌もの。曲構成は王道なんだけど、アレンジという名の香辛料、効き過ぎ!

小峰さんの詞もイメージ・ソングといって差しつかえないもの。題材との相性も一役。

そもそも清浦さん普通に歌うまいよ。まだ学生さんなんだよな、ブログ見たら授業の事とか書いてた・・・末恐ろしい娘!!


某所での評判も神曲とかちらほら。


c/wの「約束のうた」も良いよ。
こちらの方がザバ度が高い気が…特にギターに尽きる!
もちろんサビのコーラスもね。



公式ブログでの告知、ホロことばの吉良さん萌えwww
そんな春のひとりZABADAKに、いけるといいなあ。
posted by へいずん at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アニゲー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

ザバとアニソン

お正月も過ぎて新番組が出揃って来ましたね。



そんな今クールのうちのひとつ『狼と香辛料』。OPを見ているとサビで女性ボーカルに聞き覚えのある男声コーラスが被って来た。アニメのOPで男女混声になるのはデュオで無い限りはあまり見られない構成の気がするが、それだけでは別におかしくは無い。

しかしこの声…



映ったクレジットを見ると吉良知彦の文字が!!うお、吉良さん!そして作詞は小峰さん、なんというサプライズ。

聴きなおしてみると、歌詞の乗せ方とか、そうですよねー
ファンタジーな作風に合わせてきますね。



旅の途中
旅の途中



肝心の唄の方は清浦夏実、1クール前のやはりアニメのOPで歌手デビューした若い女優さん。デビュー曲では曲の感じもあってかフレッシュとかまだ青いイメージだったのだが、二枚目にしてZABADAKに手がけてもらうとは・・・


おかあさんといっしょに提供した名曲「にじ・そら・ほし・せかい」のように、そのうちセルフカバーが聴ける事も期待。こちらは間奏部に吉良氏曰くプログレ展開が加えられたが、新曲は果たして!?
posted by へいずん at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アニゲー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。