2011年02月22日

題名のない音楽会「クラシックmeetsロック〜新作!プログレ交響組曲」

日曜朝にプログレ!?



テレビ朝日の長寿番組、『題名のない音楽会』でプログレが取り上げられるという。

朝のアニメ・特撮枠とつながってるため、子供時代から妙に馴染み深い番組でもあるね。


この番組、プログレ関係が取り上げられたのは初めてじゃない。

昔、「20世紀の名曲・番外編」でキング・クリムゾン「21世紀の精神異常者」(当時)が取り上げられた事が。

和楽器使った編成だとか、放送後に友達に教えてもらったんで見れてないけど。


今回は新作!とあるが去年発表された『タルカス~クラシック meets ロック』のこと。

タルカス~クラシック meets ロック

オリジナルはEmerson, Lake & Palmer"Tarkus"、こちらはコンポーザーである吉松隆編曲によるタルカスのオーケストラ版。

収録には吉松氏本人も登場。

いちおうプログレの説明からはじまってEL&Pの話題へ、映像は『フロム・ザ・ビギニング』から。

いやー朝からELPはキツい……もとい目が覚めるね!

タルカスのストーリーまで説明しちゃったよ、内ジャケイラスト付きで。
タルカスってなんだかとっても、カワイイよね!?


さて吉松隆・編"タルカス"、演奏:東京フィルハーモニー交響楽団。

はじめて聴いたけど、飛び道具的な音出しで原曲と格闘してみた感じ。

放送全体を通して演奏されたのはこちら。

Tarkus -タルカス- より
 Eruption - 噴火 -

同 Mass(ミサ聖祭)より

同 Manticore - マンティコア -
 〜Battle Field - 戦場 -
 〜Aqua Tarkus - アクアタルカス -


放送内容はあくまで『題名のない音楽会』的であるので、お子さんとスイートプリキュアを見た後のノリで鑑賞するが吉。



そしてタルカスの合間にはマーティ・フリードマンが客演。

ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」をギター・ソロでやるという。

メタル出自のソリストがいかにもやりそうなセッション内容だけど、マーティの最近の活動からするとちょっと意外な気もする。

彼なりの丁寧さが伝わったのがよかった。さすがFANTAのギタリスト。

絵的には面白い、ボディの激辛ステッカーが目立ってたね!



ちなみに再放送予定。
BS朝日 2月26日(土) 18:30〜19:00
BS朝日 2月27日(日) 23:00〜23:30
posted by へいずん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Prog ON AIR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。