2010年08月09日

今日は一日"プログレ"三昧

前日の記事より続き





"Hells Bells"
のイントロで、その時間が来たことを直感的に理解する。

今日は一日"プログレ"三昧



曲名を言う必要がないという曲紹介、
さわさわチュンチュンでいきなり"危機"か!
士気を高めるオープニング。


Kenso清水さんが正装で登場、ラジオだが。

結果的にKensoは"天鳶絨症綺譚"からだけだったが、
折角だから初期のころのも流して欲しかったよねえ。


トーク偏重で曲がなかなかかからない、焦らし?


ジャズ・ロックではやはりソフツが、しかし曲がね、またしてもベストですよ、"Out-Bloody-Rageous"!ライヴテイクだけど。
さすがに"Third"の曲はやらないかと思ってたけどとんでもない、甘くみてました。
"危機"といいプログレ大曲の五指に入るだろう名曲スなあ。


ここで初めてのジングル、Gentle Giant"The Boys In The Band"。それらしい。
謎のタイトル・コールの主はそのうちわかるのだろう。
ギタリストね、ふむ。


ここでゲストにBBB関根史織嬢が、やはりまずタル愛を語る。
将来フルート転向とかおいしすぎるだろw


イタリア!でPFM、Bancoのコンボ。
イタリアものへのリクエストは女性率高いみたい?
クック版の"原始への回帰"
プログレのアイコンは外せないよね。
"R.I.P."はラジオ向きと日頃思うところ。


Mars Voltaはスタジオのプログレ好きたちは知らず、
宮本さんしか知らない逆転現象がwエモです!


オザンナ"熱い時"ぜんぶ。重い、重苦しいよ!
夏の暑苦しさとマッチし過ぎ。
なぜか幕間リプライズの"Stanza Citta"までつながって、アニマーレ行くかと思ったわ!


日本ものということで、
四人囃子"カーニバルがやってくるぞ"
ひさしぶりに聴いたらアレンジが巧いのね。
そしてミスター・シリウス、改めてここらは国内でも別格かと。


ジングルで"Firth Of Fifth"のギター・ソロ部、
おっとここではSteve Hackettがタイトル・コール「キョウハイチニチプログレザンマイ」。
来日合わせてか。


ケストレルはみんな初聴きで、でも視聴後好評の"アクロバット"


関根さんのフェイバリットで、ゴング!?
ゴングがかわいい発言、着用のTシャツも去年のフジロックでゲットだそう。曲は"マスター・ビルダー"、かわいいというか、飛んでてかっこいい。
そしてもう一つがサムラとか、ここまで来ると愛すべきプログレ好きですね!


妙にやる気の辺境もの。
清水さん選、ルーマニアのPhoenix
関根さん選、ギリシャのΑΚΡΙΤΑΣ(アクリタス)。
番組P選、アルゼンチンのLa Maquina De Hacer Pajaros(チャーリー・ガルシアの)。
まんべんねえ……


グルグルを挟みカンタベリー・コーナーみたいで。
Hatfield〜"Mumps"かけるとは容赦ねえw
Caravan"Winter Wine"、ラジオで聴くのもまた一興な曲。


GG"On Reflection"
昨日聴いてこの曲は無いか、とか思ってたらこれなのか!
てっきり"Free Hand"か"Time To Kill"が来るかと。


清水さんの変拍子を数えようのコーナー。

まずGenesis"Back In The N.Y.C."が5/8か3.5/4でだとか。

上級編はArea"荒野の追放者"、いいところ持ってくるね。
6/8+5/8、6/8+3/8+3/8
この曲、変拍子狂を発症させるから、以前自分も数えたっけ。


今度のジングルはアンディ・パウエルが「キョウハイチニチプログレザンマイ」。
ウィシュボーン・アッシュがプログレかというのはあるけど。
一応プログ・チッタで呼んでるしなあ。

リクエスト曲は"Time Was"、プログレとしては2ndの曲の方が良かった気が。


X-Legged Sallyとはこれまたマニアックなところを経て、Stackridgeだー
"Tea Time"!黄昏どき(18時台)にこくまろブリティッシュ、ナイス過ぎる!!
リクエスト者の飯抜いて"Friendriness"を買ったエピソードも泣ける。
視聴後のイギリスらしさってなんだろうって問いも、


ザッパ"Dancing Fool"、って何故だ!
清水さんも好きだという"One Size〜"からにすればいいのに。


各人ジャケ買いを語るコーナー。
関根ちゃん、サムラの鳥人間とかwかわええwww
清水さんはハットフィールズ1st、やはり地味ジャケだが何かあるよね。
山田氏、ZNRの2nd、ジャケ買いのイメージじゃなかったけど。




後半戦突入、
ゲストは岩本晃市郎氏とクラムボンのmitoさん。


今回番組の目玉と謳うアルタード・ステイツによる、生スタジオ・ライヴ。
曲目は"クリムゾン・キングの宮殿"スタジオ版完コピ!
これは……正当な企画だが意外性も!?

途中でスタジオ・ライヴ聴いてることを忘れる、これはよっぽどだよ。
エピタフはボーカル含めて雰囲気の再現率がやばい。

A面終わり、MC入りレコードひっくり返します。

"Moonchild"もやるか、インプロ。

聴いて、これは想像以上に意味ある完コピ、耳で思い知らされた。


また大家の一つ、Genesis"Dancing With The Moonlit Knight"のライヴver.、
"Musical Box"とか"Lamb Lise Down〜"の無難なあたりだと思ってたからうれしい。


Magma、ネタに困らないのはほんとうだね、
みなさんぽんぽんコバイア話が進みます。


今回一番のリクエスト数のバンドとの紹介。って、えぇ!?まさかのマンドレイク
平沢進効果、いや唯の方か!おいどこのけいおん厨どもの組織票だよw
これに関して、実況でも似たような反応だったね。


ジングルが"燃ゆる灰"、流れた瞬間これはアニー・ハズラム来る流れを察知!
本人登場、地声はいまだかわいらしいなw
もうすぐショウで会えるわ〜、と。
ハケットといい、来日(フェス)とのタイアップが顕著。

Renaissanceの曲はよりキャッチーどころで"ドリーマー号の出港"


2010的プログレのコーナー。
90年代以降のは期待薄だったけど、ちゃんとやるんだ、なにかけてくれるかな。

岩本さんのポンプなどの解説の後にかかったのは、
The Flower Kings"Monster Within"!!
実はこの曲、リクエストしてました、間奏部だけだったけど……かけてくれたね。
リクエスト関係なしの岩本チョイスかもしれんけど、にしても花王でこの曲、わかってるねえ。
しかしこれからというところでフェードアウト、最後のGenesisオマージュのパートを流して欲しかった。
一応KaipaからTransatlanticの話に至る。


溜めに溜めたフロイド
この手の番組で"Echoes"かけるのは、ある意味通過儀礼なのだ。


温存のキャメル"Echoes"
これを選ぶとは、みんなわかってるね!てっきりラヤダーあたりかと。


最後の五大バンドとしてエマーソン&レイクがジングルで登場。
お二人より戻したようで、なにより。

"タルカス"に始まり、クラシック元ネタコーナーへ移行。


それにしてもcoba氏のアコーディオンでタルカス伝説はすげー


Mike Oldfield"プラチナム"のライヴという、意外ながらステキ選曲。


フォーク・コーナーはチューダー・ロッジ、グリフォンでなんだかとってもダウナー。
聴き終えてグリフォンの選曲はダメ出しも、"無気味な墓場"そりゃそうだw


ミトさんのジャケ買い成功例がブルー・モーション、渋いいセンスだねー
CD手に入らないですよ国内はレア、との事で確認したら手持ちのは国内盤だった。
フリッツ・ハウザー(サーカス)の話題も出たし、収録曲か"Movin' On"もかけてほしかったな。
後で久しぶりに聴こう。


ジングルのコールの声が最後にして発覚。
お、小野瀬さん!?(クレイジーケンバンドのギタリストね。)
いや、わかるかw彼のプログレ好きも有名……

小野瀬さんリクエストのFocus、"Hocus Pocus"じゃなくて"Focus II"っていうのが、終盤で沁みるね。


Focusと来てやり残しはそう、Kansasでしょ。
曲は"Song For America"(ライヴ)。


やっとこRush"Time Stand Still"、あえて80年代のなのか、アリだな……
カナダの、というかケベック勢は…?やはり辺境枠なのか!


そしてU.K."Nothing To Lose"、消化不良気味なのを象徴しつつ最後の曲となる。
これで今日、アランのホーさんの参加曲かかって無いじゃん!



放送時間計13時間近く、想像通りこれだけあっても枠が足りてない!
出しきれてないバンドが容易に出てくるからね、
必修科目を挙げてくだけでもう一日分埋まるから。


内容、このテーマでトークが長くなるのは必然だし、
自分は全然聴けたというのが感想。
ネット・ラジオでもプログレ三昧できるけど。
ゲストの趣味が反映するのも、いいじゃない。


そして紹介されるリクエスト、20代が圧倒的に多い!
スタッフが意図的に取り上げているのかそれにしても、
同世代にリスナー層が移っている印象。


最近妙な勢いのあるプログレ界隈、
この三昧も記憶に刻まれるプログラムとなったようだね。
posted by へいずん at 02:28| Comment(2) | TrackBack(0) | Prog ON AIR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
けいおんファンはマンドレイクなんて眼中なしだろ、普通に考えて。
平沢スレで盛り上がってたのが原因だとおもわれる。

けいおんファンと同一視されるのが不快だから思わず書いた
Posted by at 2010年08月12日 02:41
なるほど平沢スレはチェックしてなかった。

けいおんファン(儲)と同じ扱いは不服ですよね、ネタとはいえ決めつけっぽく書いたことは訂正させていただく。
Posted by へいずん@管理人 at 2010年08月12日 22:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/158915983

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。