2009年01月22日

イタロを流すアニメ(仮)

サンライズの新作がヤバい。


宇宙(そら)をかける少女


何がって音楽が、妙にプログレしてるのだ。

以下、例によってアニメの内容についての話など無いよ。



オルガンがエマーソンっぽい音を出したり、初回放送で狙ってるのは十分感じられた。音楽担当の菊谷氏はブログで「プログレ、ジャズ、アバンギャルド」と発言しているね。

感じは桜庭統のゲーム楽曲と同傾向のプログレ度かなー

通常のバンド作品と比べるとあくまでBGMとしての仕上がり。

クレジットは、
須藤賢一
菊谷知樹
Team SORAKAKE'70 with JAM Project



'70ですか、
JAM Projectはコーラスで参加とか。

うーん、これは次回以降もある意味で気になる…




すると2話目でやってくたよ、

終盤で流れたのは、


PFMの「マウンテン」(原曲:幻の島)


のパク・・・オマージュなんだろうか?

オープニングのコーラス後に来るヘヴィなイントロ、まんまのアレンジ短縮版といった感じ。

オリジナルサウンドトラックにどう収録されるのか見もの。

これはそのうち「原始への回帰」オマージュやったりすんのかな。テッテレテーって。


ちなみにこのアニメ、OPはALI PROJECT、EDは畑亜貴作詞。随分と手札を揃えてるな。
posted by へいずん at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アニゲー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。