2011年09月08日

Dream Theater/"A Dramatic Turn Of Events"

ア・ドラマティック・ターン・オヴ・イヴェンツ
Dream Theaterの11作目。

マイク・ポートノイの脱退がここまで顕著な変化に寄与するとは。思い知らされた。

たまにマイキーが機械的であったり教則的なドラミングで面白くないという意見がある。確かに定格と言えるテクニックがステレオタイプとして捉えられる一面はあるが、出たがりな面の方がより強い。その意識ゆえ、DTという自ら突き詰めたバンド・カラーに逆に縛られていた事はあったかもしれない。実際他のプロジェクト、ゲスト・プレイで見せるプレイは、DTでの彼と比べるに柔軟でリーズナブルなもの。今回の出来事はバンド、ドラマー双方に何らか音楽的な解放をもたらすはずだ。

今回のDTの新譜に彼は居ない。だから最初に取り上げておいた。

新ドラマー選びが一大イベントと化したバンド。

ドラマーが誰かでここまで盛り上がるのなんて、これまではLed Zeppelinぐらいだったけどね。

オーディションの結果、ジェイムス・ラブリエMullmuzzlerで名前を見かけていたマイク・マンジーニの参加が決定。ジェイムスとは同い年、誕生日も割と近い。彼がDTでどんなプレイを見せるかも話題ではあるが、DTがマイキー抜きでどんな音を作るかの方がより重要だった。

先行シングル"On The Backs Of Angels"発表。

ミドルテンポの歌メロこそ大別するなら"Pull Me Under"系統だが、対比するようなインスト部のアクロバティックさは、近年の楽曲傾向に重なる。前作の楽曲のヴァリエーションのようで、「あり得る」曲だ。確かにドラムワークを確認すると、ここならマイキーのあのフィルというところでその不在を感じるが。この曲だけでは本作推移への全容は掴めない。

前作から2年、これまでの制作スパンを崩すことなくNew Album"A Dramatic Turn Of Events"は完成した。これは残ったメンバーが望んだ事であり、熱心なファンにとっては複雑かもしれない。

お約束の日本先行発売。しかし時代は変わってダウンロード販売の方が早く、iTunes Storeでは'11.08.25がリリース日となっている。

続きを読む
ラベル:新譜 Dream Theater US
posted by へいずん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | New | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。