2011年06月30日

Yes/"Fly From Here"

フライ・フロム・ヒア【限定盤 SHM-CD+DVD】
30年振り、"Drama" Yesの最新作がリリース!!実際は"Magnification"以来10年振りのYes新作であるが、今回の人事を見ると"Drama"の再来を期待するしかないもの。

バンドの35周年を所謂黄金期のメンバー(ジョン・アンダーソン、クリス・スクワイア、スティーヴ・ハウ、アラン・ホワイト、リック・ウェイクマンの基本形)で迎えた彼らであったが、ジョンとリックの不調などを機に各自ソロでプロジェクトを動かすなど実質休止状態に入っていた。リックは息子であるオリヴァー・ウェイクマンをバンドに紹介・加入させる。一方ボーカルの穴はクリスが見つけて来たというベノワ・デイヴィッドを加入させ、まずはライヴで共にステージに立たせた。'10年の暮れにバンドは新作アルバムの製作を発表。何故かそこにはオリヴァーの姿は無く、近年スティーヴと共にAsiaを再興させた元メンバーでもあるジェフ・ダウンズの姿があった。極めつけとして、プロデュースはトレヴァー・ホーン。あの日、2代目フロントマンとしてジェフと共に加入、"90125"ではプロデューサーとして成功した彼である。

ベノワはカナダ人という事で、歴代メンバーの出身国としては実に6カ国目か。

メンバーの出入りに一喜一憂はするものの、よく調教されたYesファンは例えキーボーディストが世襲されても動じなかった、はず。そこにひとときの夢(悪夢?)であったはずの"Drama"ラインナップが揃ったのだから、流石のファンも口が開きっぱか、思わず吹き出してしまったに違いない。


さて、自分は"Drama"が大好きだ。Yes作品からベスト5を選ぶとしたら、悩んだ挙句入れてしまうかもしれないくらい。ウィットに富むシンセやエフェクト類、ドライブ感が高みへ至るギター&リズム隊。次代のPOPデュオを取り込んだ結果、意外にもYesのヘヴィネスな面を露出させた事も評価が高い。

聴き始める前に前作"Magnification"を思い出しておくと、まずキーボードの椅子は不在。オーケストラを帯同した本格的シンフォニック・ロックとの触れ込みでファンを不安にさせたが、やはり賛否の分かれる作品だった。'80年代の頃を思い出すPOPな曲も演っていたり、'00年代Yes唯一のスタジオ作品としては肯定できるもの。その後リックが復帰した後にも、来日を含むライヴで"Magnification"からの曲を演奏している。

そういえば、前作プロデュースにクレジットされているTim Weidnerはトレヴァーの手のものだった!引き継ぎはばっちりのようだね……

続きを読む
タグ:新譜 Drama Yes
posted by へいずん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | New | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。