2011年05月29日

Wobbler/"Rites at Dawn"

Rites at Dawn
ヴァルプルギスの夜に

ノルウェーのヴィンテージ・シンフォニック・バンド、Wobblerの2011年3rdアルバム。


同国のメジャー・プログ・バンドWhite WillowのメンバーであるLars Fredrik Frøislieが、ヴィンテージ・キーボードの使用に拘った音楽性を体現させているバンド。そんな彼はまだ20代だった(現在age:29)。意外!?

'09年発表の2ndは初期マテリアルの再収録に新録の小品を挟んだ内容だったため、完全新作という意味ではかなりひさしぶりとなる。(デビューは'05)そのサウンドとともにAnglagardのことが想起されたため、2作を残して……なんてのは杞憂に終わってよかった。

本作ではっきりしたが、楽曲はLarsとギターのMorten Andreas Eriksen、ベース他マルチ・プレーヤーのKristian Karl Hultgrenが持ち寄っている。

ボーカルがTony Johannsessenから、Lukas Kashaというオルタナ/ポップ系のバンドにいたAndreas Prestmoに変わっている。少なくとも昨年のOsloProg 2010から参加していたよう。Andreasの歌声はぱっと聴き前任者と同様のナイーブな歌い方だが、芯はしっかりしている。そして時たまジョン・アンダーソンに似る伸びのある歌唱も聴かせる。

また前作で正式メンバー扱いだったWhite Willow組の参加者は、唯一フルートのKetil Vestrum Einarsenがゲストで残り、スタンダードな5ピースのバンドに固まっている。


ジャケットが爽やかシンプルでグッドだよ!別働バンドであるIn Lingua Mortuaでも使っているデザイナーみたい。インナーのメンバーたちが田舎貴族みたいな出で立ち、雰囲気はあるね。ワイン片手のAndreasは、FFTの主人公ラムザの兄貴みたい。

続きを読む
posted by へいずん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | New | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

ZABADAK, 2011/05/14, Mt.RAINIER HALL

3月にリリースされた新作に伴う『ZABADAK「ひと」TOUR 2011』

今回は正式に2人になったZABADAK(吉良・小峰)に加え、
楠均(ds)
吉田誠(b)
難波弘之(key)
青木孝明(g)


あのチルドカップコーヒーで有名なMt. RAINIERの名を冠したステージ、渋谷109のすぐ横。

続きを読む
ラベル:Mt. RAINIER live ZABADAK
posted by へいずん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。