2010年06月13日

Pain Of Salvation/"Road Salt One"

Road Salt One
自分にとって常に特別であるものの一つ、Pain Of Salvation。昨年のLinoleum EPを経て7thフルレンス・アルバムを発表。


今回EPという指標が先に提示されたことで、現在の音の感触を伺える状況にあった。以前の音に固執していては、置いていかれてしまう感覚。確かにやはり、難解さを排したようなよりシンプルな音が選ばれている。初期の詰め込まれたテクニカル・パートは皆無と言っていい。前作が十分にプログレッシヴ・メタルだと思えるほど、この間にかい離が存在する。

しかし、これは、想像を超えた作品となって現れたもの。好き故の盲目ではない。このオールド・タイム感が、時間軸を取っ払い今の瞬間が'10年代なのか'60年代なのか、仮に50年の差も切り離すぐらいの亜空間となっている。まてよ超えたのは時空ということか。

もともと演奏・歌唱の創り出すセカイに引力を魅せていたバンド、この点において絞ると普遍さが見得てくる。

Dream Theaterが縛りの中でもがいている様に見えるほど、対照的な位置へと進むPOS。興味の移りのみで変位した音楽ではなく、必要によって形づくられた派生を聴かせるアルバムである。



とここまで中二病混じりの見解で書いてみたが、ダニギンの孤高の思想にはこれくらいの心構えで対処するしかない。


続きを読む
posted by へいずん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | New | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

夏の夜の真フォ、イーニッド(第29回)

この音を聴くと、軽々しくシンフォニックという言葉を使えなくなる。
そんな無二のバンドがある。今回は大英帝国の誇るコミュニティ、The Enid

In the Region of the Summer Stars
In The Region Of The Summer Stars(1976)/The Enid

1.The Fool...
2. ...The Falling Tower
3.Death, The Reaper
4.The Lovers
5.The Devil
6.The Sun
7.The Last Judgemet
8.In The Region Of The Sumer Stars

Robert John Godfrey (key)
Stephen Stewart (g)
Francis Lickerish (g)
Glen Tollet (b,key)
Robbie Dobson (ds,per)
Dave Hancock (tr)


まず音を聴いてみよう。なにやら(ロック側からすると)本格的なオーケストラ・サウンドも聴かれ、凡百のシンフォニック・ロックと比べるべきかの考えにまで到達してしまう。これが真フォニックか!…って言いたいだけだな!

ジ・エニド(発音上だとイーニッド)の音楽はクラシックを通った作曲を、ロック・バンド編成で演奏するもの。ツイン・ギターがリードするロック・アンサンブルにオーケストレーションが重なる。管弦楽器を再現しているのは基本すべてシンセサイザーで、ツイン・キーボード(時期・楽曲によりトリプル以上!)がそれら演奏を担う。オーケストラと共演!とはわけが違う、すべて彼らがコントロールする。

プログレッシヴ・ロックのフィールドで語るのは至極正当であるが、その上でもこの音楽に縛りを与えることは適わない。またパンクの時代にその音楽性を進めてきたバンドは、ある種異端な存在でもある。人を選ぶが、受け入れてしまえば幸せなエニド・ライフが待っている、かもしれない??


続きを読む
posted by へいずん at 16:03| Comment(2) | TrackBack(0) | Overture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。