2010年01月17日

Pain Of Salvation/"Linoleum"

リノリウム
自分にとって常に特別であるものの一つ、Pain Of Salvation。ひと月前に国内盤もリリースされた"Linoleum"が、痛い。



6th"Scarsick"以降迷走とも思える状態だったバンドだが、常に気がかりなメンバーチェンジも落ち着いたようだ。ライヴ盤もアナウンスからリリースまで長かった。新作はフルレンスとはいかずEP。

"Scarsick"で感じられるようになったねっとりとした鬱っぽい感覚が、音や叫びのより痛々しい表現で曲を成している。特にダニエルのシャウトが、ドスも効いた低音中心から悲鳴のような高音へと印象を変えた。録音はどこかノイジーで、聴き手の心をヒリヒリさせる、痛い。苦痛じゃない、背を合わせる救いの方に向くのはいつものPOSだ。


続きを読む
posted by へいずん at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | New | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。